一人暮らしの引っ越しに最適な時期について!その理由と経験談もあり

一人暮らしのために引っ越しを考えている。だけど、時期っていつが良いのだろうか。また、少しでも安い時期のほうが良い。

というような悩みを簡単に解決できる情報をまとめてあります。私の経験談から得たオススメの時期も載せてありますので、1つの参考として読んでみてくだい。

 

一人暮らしの引っ越しが安い時期っていつなの?

結論から言うと、5月下旬〜7月上旬と11月。この2つの時期が一人暮らしの引っ越し料金も含め全てが安くなる時期となっています。

不動産屋さんから直に聞きましたので、間違いありません。

 

もし、あなたが大学へ進学したり、新入社員として新たな生活をスタートするのであれば、ちょっと遅いよっ!(早いよっ!)と文句を言いたくなるかも。

でも、それは全て年度末が3月ってのが諸悪の根源です。恨むなら3月を恨みましょう。

 

一人暮らしの引っ越しの理由を時期別に簡単に表記

時期 主な引っ越し理由
1〜3月 進学・入社
4〜6月 比較的暇だったり、良い部屋を見つけたり
7〜9月 転勤・単身赴任
10〜12月 4〜6月の理由+家賃の更新料がある、など

閑話休題的な感じですが、簡単に一人暮らしをする理由を列挙。ちなみに、引っ越しの部屋探しは「引っ越しする1〜2ヶ月前に探す」のが一般的。

1月に引っ越しをしたいのであれば、11月〜12月には見つけておこうね、ということです。

 

個人的に一人暮らしのために引っ越しをするなら、オススメ時期は7月前後

6月は雨が降るため、荷物が濡れてしまったりするので本が多い人は気を付けなきゃいけません。7月になると、それもなくなります。

加えて、7月上旬は本当に不動産の人も暇だったりするので、じっくりと部屋選びができるんですよねー。あと、引っ越し料金も安い。

 

この時期に上手いこと引っ越しを出来るって人は少ないでしょうが、可能なら7月はかなりオススメ。不動産屋さんも売上が欲しいので、マジできます(笑)

引っ越し料金のみで言えば、単身パックで近場なら3万円〜4万円。安いと2万円以下。裏技的な方法を使うと1万円以下に抑えることも可能ですね。

 

引っ越し料金も家賃も低くするために、引っ越しの時期をズラすのってアリなの?

結論から言うと、無理をしてまで引っ越し時期をズラす必要は無い、と言うのが私の意見です。

部屋の契約をしていないのあれば、選択肢に含めてもいいかな、程度。ただ、この場合の難点は「今の部屋以上の物件が見つかるか」が重要です。

 

例え、引っ越し料金が安い時期を迎えても、あなたが納得できる部屋を見つけて、引っ越しを決められなければズラす意味がありません。

今、決めようとしている部屋と同等・それ以上にならないなら、家賃を少し下げてもらえないか、と交渉する方が良いと思いませんか?

 

それにまだ部屋が見つかってなくても、「引っ越し料金が高い時期=人の出入りも多い」というプラスの考え方をすることができますよね。

昨日は空いていなかった物件が今日は空いていた。今日、空いていた物件が決まっていた、という状況を私は沢山目にしてきました。

 

これらも加味していくと、無理をして引っ越し時期をズラすのは得策じゃない、ということが伝わったのではないかと考えています。

フリーター、実家から通える距離、既に一人暮らしで引っ越しを遅らせてもOKな人。この条件に当てはまるなら、引っ越し時期をズラすのは問題なしですね。

 

再度、一人暮らしの引っ越しの時期に関する結論

5月下旬〜7月上旬と11月。目的なく引っ越し時期をズラすのは、賃貸物件の空き問題から見ると悪手である、というのが結論としてのまとめ。

強制的に一人暮らしのための引っ越しが必要な人は、早めに行動を移すか、安くなる時期までマンスリーマンションで過ごすかの2択。

 

どうしても自分は引っ越ししなきゃいけない、という人は部屋探しと同時に引っ越しの見積もりも同時に行いましょう。

実は、見積もり自体は引っ越しの地域(周辺住所)が分かっていれば、ある程度の金額を出すことが出来ます。早めに動くと早割など良い特典も沢山ありますよ。

 

どこの引っ越し業者に見積もりを頼めばいいかわからない。そのような問題に直面しているなら、Webの無料見積もりから探してみてください。

入力は5分程度で終わり、情報から自動で条件にマッチする業者を選定。そこから予約してもいいですし、相場確認のために使うも良し。

試しに1度使ってみて下さい。結構、便利ですよー。

無料Web見積もりの「引越し侍」 へ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です