ペットの引っ越しはいくらで業者は引き受けてくれるのか?

ペットを飼っている人で遠距離・近距離問わず悩むのが業者が引き受けてくれるのか。そして、引き受けてくれた際の料金です。

この記事では、引き受けてくれる場合の業者の対応や料金についての目安を載せてあります。

これから引っ越しが待ち受けている人は、ぜひ参考にして下さい。

 

ペットを引っ越し業者が受け入れてくれることはあるのか?

引き受けてくれますが、正確に言うと多くは引っ越し業者と提携しているペット専門の輸送業者が受け入れてくれます

例えば、アーク引越センターにはこのような質問と答えが載せてありました。

Q.ペットの引越しは?

A.詳しくはお見積りの際にご相談いただければ、当社でご手配させていただきます。

出典:アート引越センター「ペットの引越しは?」より

 

ペットを引っ越し業者に依頼した際の料金とは

これは、ペットの種類にもよります。例によって、また仮の条件を設定して判断してみましょう。

  • 輸送:陸路
  • ペット:小型犬(3〜5kg)
  • 地域:群馬→神奈川

以上の設定で、大体3万円〜4万3千円が見積もり料金の目安。中型→大型へ、陸路→空路、地域も近距離→遠距離になるほど高額に。

北海道から沖縄の条件にすると、8万円〜10万円まで膨らみます。

 

引っ越し業者によってはペットの輸送を受け付けない時期がある

20160204-01

6〜9月の暑い時期は飼い主さんの方でなんとか・・・というように言われます。理由は簡単で、トラックの中の熱で死んでしまう可能性があるから。

この時期、特に6月と9月は閑散期に当たるので引っ越しをしようと考えている人もいるはず。この時期に引っ越すのなら公共機関で一緒に行く。

もしくは、時期をズラすか、さらに別の業者を探すことで対応するしかありません。

 

ペットの輸送をする前に注意することとは

  1. 健康状態が良好か(伝染病の感染含め)
  2. ゲージに入れて運ぶ前に運動をさせたか
  3. 食事は5〜6時間、できれば7時間以上前に済ませたか

この3つを全て満たしていないとペットの輸送を引き受けてくれる所はありません。2,3番目に関しては当日確認で問題なし。

 

実質的に1番目の健康状態が良いことが一番大事ですね。これがダメな場合は、ほぼ引っ越し業者であろうが、ペット専門輸送業者であろうが引き受けません。

理由は上でも話した通り「死ぬと困るから」です。死んだら飼い主から「あなた達の責任でしょっ!?」と責任を問われるから。

無事に飼い主の元に送り届ける意味でも、しっかり当日まで体調管理をしてあげてください。

 

もし、ペットの体調が悪くなったりしてキャンセルせざる得なかったら?

ペット専門の業者に任せることになるので、キャンセル料金はまばらになります。基本は前日が50%当日100%2日前なら0%です。

ちなみに、引っ越し業者は前日10%、当日20%取られます。2日前までなら、ペットの輸送同様にキャンセルしても0%。

引っ越しが決まっている以上、2日前にキャンセルはできませんよね。でも、別の業者に乗り換えていた場合は2日前なら0円で済みます。覚えておいて下さい。

 

引っ越しに際して、ペットのためのゲージとか用意しておいた方がいい?

レンタルで貸出してくれますが、あなた自身が所持しているなら持っているゲージを使うと費用が少しだけ浮きます。

料金的には2,000円〜4,000円程度でしょうか。一般的なゲージレンタル料とそう変わりません。

 

もし、話を聞いて高いと感じたら「ペット+ゲージ+レンタル」で検索して、レンタル業者を探しましょう。

私が見つけた業者は小型・中型犬のゲージで5日間3,000円の所を発見。大きく変わらないと思いますが、調べて損はありません。

 

ぜひ、引っ越し見積もりの事前・事後でもいいので、提示されたゲージの金額とレンタルの金額のどっちが良いか調べてみて下さい。

レンタルの方が安ければ、レンタルして引っ越し業者側のは取り下げてください、と一報入れればいいだけですからね。

 

ペットの引っ越しは安さより安全性の重視を!

20160212-02

普段の引っ越しでは安さを重視していきますが、ペットは生き物です。ちょっとしたことで、死んでしまうかもしれません。

そうなれば、きっとあなたは悲しむことでしょう。だから、可能な限り予算と相談し、引っ越し業者・提携先のペット輸送業者と話し合ってください。

ここは、絶対に手を抜いちゃダメです。相手任せにして、ペットの身に何かあったら遅いですからね。

 

それでも安くしたいのであれば、上手く公共機関を使うこと

吠えたり音を立てないような装着具を付け、ゲージに入れて人が少ない時間帯に電車やバスで移動。もしくは、自家用車でも良いでしょう。

飛行機の場合も、フレンチブルドッグなど以外であれば荷物室になりますが搭乗可能です。この辺りも考慮しておくと安く済むことがあります。

ちなみに、電車は大きさにより280円の切符購入があることを覚えておいて下さい。業者に頼むより遥かに安いので気にならないですけれどね。

 

引っ越しは無料見積もりをWebで取ることから始めるのが良いですよ。ペット対応の業者も人目で分かります。

入力は簡単お手軽で2〜3分でササッと終了。引っ越し料金の平均相場も確認できるので、1回お試しに利用してみて下さい。

引越し価格ガイド公式サイト

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です