【一人暮らしの引っ越し】掃除はどの程度やれば費用0円になるのか

引っ越しで悩むことって見積もり以外にもありますよね。今回の掃除に関しても、どの程度までやればいいのか。

できればクリーニング費用0円に抑えたい。いや、敷金が帰ってきて欲しいと思うのが当たり前。

では、一体どのくらい掃除をしておけば、クリーニング費用は0円に抑えられるのでしょうか。

 

引っ越し時に掃除ってどのくらいやればいいの?

これは『人が普通に住んでたら汚れる程度の汚さくらい』です。曖昧な言い方ですが、その程度で十分。

例えば、壁がヤニで黄ばんでいるとかはクリーニング費用を請求されます。でも、壁にちょっと黒ずみがある。

他には、ちょっと擦れた後があるくらい。近くで見たらシミがある。このくらいは気にする必要はありません。

 

必要があるのは一人暮らしの日常で行う掃除レベル

キッチンであれば、黒ずみ、サビ、油汚れ、水垢などをキレイに落としてあげる。

お風呂場や洗面台はゴムパッキン部分にカビキラーなどをバシャバシャと掛けて、ぬるま湯で落とすだけでOKです。

洗面台の鏡をキレイにしようとしていますが、あれは別にやらなくても問題ありません。

 

部屋に関しても拭き掃除・掃き掃除を行ってホコリやゴミをなくしておくだけで十分。

年に1回大掃除をすると思いますが、あのレベルまで行う必要はなし。程度で言えば大掃除の6割くらいで十分キレイだ。

というように判断されます。

 

もう少し付け加えると、ホームセンターで1,000円以内で掃除グッズを購入し、掃除できるくらい。

このように言ったほうが分かりやすいかも。少なくとも、お掃除術の本に載っているガチっぽいことまではやらなくてOK

玄関から入って部屋一面を見渡して、綺麗だなーって思えたら合格と考えてもらって構いません。

 

実際、引っ越し時にどこまで掃除したの?

キッチン周りの水垢を取り除いて、ユニットバスにカビキラーをバシャバシャと掛けておいただけですね。

床のホコリはほうきでササッと掃いてお終い。たった、これだけしかやっていませんが費用の請求はありませんでした。

ネットで言われているくらいガッツリ掃除なんてする必要なんですよね、本当に。

 

ぶっちゃけ、換気扇もそのまま放置していました。料理していて油汚れとかあったんですけれどね。

それでもクリーニング費用は0円でした。

多分、破損やフローリングの傷が無かったのが要因かな、と思われます。

 

クリーニングの請求が来るのは明らかな破損や設備の取り替えが必要な時

例えば、最初に話題に出したタバコによる壁の黄ばみやヤニ汚れ。黄ばみなんて張り替えないと無理ですよね。

こういった明らかに設備の取り替えが必要となった場合にのみ、あなたにクリーニング費用の請求が来ます。

 

他にもペットを飼っていて、床や壁が傷だらけの場合は費用の請求が来るのを覚悟しておきましょう。

これら以外の事柄でやってくるとしたら、設備(エアコン・ガスコンロ)などの破損くらいです。

さっき、上で私の事例を話しましたが、換気扇が多少汚れていたりするくらいは問題ありません。

 

だから、とにかく床や物を壊さなければ、殆どの場合はクリーニング費用は請求されない。

というように覚えておけば問題ないですよ。

最終的な判断は退去元の大家と管理会社次第である

身も蓋もない結論なのですが、最終的にはこの方々が「セーフ」か「アウト」を下すだけ。

セーフと言えばセーフだし、アウトと言えばアウトになります。かなり理不尽に感じますけれどね!

 

クリーニング費用を請求されたくないと考えているなら、友達や他人に部屋に入ってもらって判断を下すといいですよ。

おー、キレイじゃん。となれば、大家さんや管理会社の人にも第一印象は良いでしょう。

 

一方で、なんか汚いというか、と濁った表現になれば、マズイかもしれない。汚いと言われたらアウト。

このような明確なラインで動けば、特別な理由が無い限りクリーニング費用の請求は起こりえません。

 

一人暮らしの引っ越し時の掃除に関するまとめ

本当に普通に掃除したくらいで問題ありません。破損・傷ついた場所が無い限り大丈夫

ネットでこんな事例を読んで・・・というのは、あれはあくまで1つの事例でしかありません。

 

部屋の写真も見れない訳ですからね。もしかしたら、その人の部屋の使い方が悪かった可能性だってあります。

人間、自分の事は棚に上げて話したりしますからね。

事実、私の事例の話を聞いたら、「えっ、そんな程度でいいの」て思うでしょ?

 

換気扇が多少汚れてたって、玄関が多少汚れてたって、クリーニング費用は請求されませんでした。

大家さんや管理会社にもよるところはありますが、私くらいのレベルでも大丈夫だったんです。

だから、あんまり不安がらずに伸び伸びと引っ越しの準備を進めて下さい。

 

引っ越しは見積もりが大事といいます。見積もり次第で30〜50%の料金の違いが出る人もいるほど。

もし、引っ越し業者に不満があったり、まだ探している途中の人はWebの無料見積もりを利用して探してみましょう。

 

5分の入力でササッ探せて、相場・サービス一覧を簡単に比較することができます。

気軽に使えるので、ぜひ試しに利用してみて下さい。

無料Web見積もりの「引越し侍」 へ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です