一人暮らしの引っ越しを自分でやる時に直面する5つのデメリット

一人暮らしの引っ越し費用を確実に、そして絶対的に安くする方法として出るのが自分で行うこと。

ただ、自分で引っ越しをする際にはいくつかのデメリットに直面することが多いです。

 

それも1つや2つだけじゃなくて、いくつも。そのデメリットに関して、さらに行うべきか行わない方がいいか。

その辺りも最初に触れて、ゆっくりと丁寧に1つずつ理由を解説していっています。

 

一人暮らしの引っ越しを自分で行うのってどうなの?

男性でもかなりキツイでしょう。確かに、凄く安くなるんですよね、自分ひとりでやると。

人件費、トラックチャーターもレンタカーで格安。これだけで、2,3万円くらい違います。

でも、正直に言えば任せてしまった方が楽なんですよね。ぶっちゃけ、自分で行う引っ越しはデメリットだらけですもん。

 

引っ越しを自分で行うのは結構大変

まず、家具・家電が大きい場合に人手が必要な可能性が高い事。ゴリマッチョな人ならトレーニング、トレーニング。

なんて笑いながら出来るでしょうが、あまり鍛えていない人が持とうとすると大変です。

 

特に舐めて掛かるのが階段。普通に昇り降りするのは気にしないでしょうが、10kg20kgの荷物を持ってみてください。

何度か往復するだけでヘトヘトになってしまいます。そこに30kg以上の冷蔵庫を持てるでしょうか。

持てたら問題ないですが、普通の人はぜぇぜぇ息を切らせるに違いないでしょう。

 

引っ越しを手伝ってくれる人を探すのも大変

そうなると家族、友人、知人を集めに奔走しなければいけませんね。でも、彼らも自分の予定があるはず。

休日を返上して来てくれた人たちには、お金は無理だけど美味しいもので・・・。

というようなのが普通の考えです。となると、わりとバカにならない金額が飛びます。

 

実際、私の友達は大学の友人を集めて引っ越しをしたんですよ。その時に奢らされたの何だと思います?

焼肉ですよ、焼肉。コースじゃなくて単品含めて。もう地獄だって言ってました。

 

これなら、単身パックでも頼めばよたった!と嘆いていたのは、後の祭り。

呼ぶ人数次第ではあるけど、こんなこともあるので人をタダで集めるのは無理。

というように、考えておいたほうが良いでしょう。

 

引っ越しの日に雨だったら荷物はどうするのか?

例えば、軽トラで荷物を運ぼうとした時。雨風が強い日だったら、シートを掛けないといけませんね。

それでも、荷物は濡れてしまう可能性が高いです。大切な本、服、家電、小物などなど。

 

これらが濡れてしまうかもしれないデメリットを押し通してまでやる必要があるでしょうか。

しかも、濡れた階段を慎重に慎重に昇り降りしないといけない二重苦まで待っています。

 

運び入れる際に引っ越し先の新居を傷つけてしまうかも

冷蔵庫、ベッド、家電、椅子、テーブルなどを運び入れる際に床や壁を傷つけてしまう。

こうなってしまっては、6年以上住んでいないと退去時に費用を請求されてしまうでしょう。

最近は1箇所の物件に長く住む人が多くなったとは言え、6年以上住むことってまだまだ稀。

 

それより前に出ていくとなると、原状回復義務からクリーニング費用が発生してしまいます。

その時に、非常に大きなキズだったら良いお値段を請求される可能性があるんですよね。

 

引っ越し前は忘れがち。引っ越し後に気付くので、今ここで( ゚д゚)となった人は考え直した方がいいです。

本当に傷が付くと、しばらくテンションが下がったままになりますからね。

 

何度も退去元と引っ越し先を往復することに・・・

車次第なのですが、荷物が入り切らないと安く済ませるには何度も往復が必要となります。

30分くらいならいいですが、片道2時間を往復するのってバカらしいですよね。

 

片道2時間じゃ引っ越しを終えた頃には1日終わって、荷解きなんかできたものじゃありません。

それだったら、初めから引っ越し業者に頼んでしまった方が良かった、と叫びたくなってしまいます。

 

実際、こういう話って表に出てこないだけでゴロゴロその辺に転がっているんですよね。

賃貸物件サイトの失敗談とか、マンション系のBBSっぽい書き込みの場所を探すと沢山出てきますよ。

 

自分で引っ越しを行って、やらなきゃ良かった・・・となる前に

後悔先に立たず。こんなことわざのようにならないためにも、事前にしっかりとした準備を行ってから決断を下しましょう。

そのためには、引っ越し業者の見積もりをしっかり取り、荷物を減らし、処分する物は処分する。

 

これらを徹底するだけで、費用は格段と下がります。不用品を処分するだけで1万円変わることだってあるんですよ。

だから、まずは絶対に『見積もり・荷物を減らす・不要品の処分』を徹底して行ってみて下さい。

 

そうしたら、「あれ、頼んだほうが安上がりになりそう」となっているでしょう。

それでも納得出来ないなら、自力で引っ越しする選択をすればいいだけです。後悔する前にやれることをやってから、決断しましょう。

 

見積もりに関しては「引越し侍」という無料のWeb見積もりから取ると良いですよ。対応地域の業者を自動選定し、各社のサービスも一目瞭然。

見積もりだけで最大料金の半額になる人もいるほどです。入力は5分くらいで終わり、すぐに平均相場価格も出てきます。

1回きりのお試しという感じでも使えますので、試しに利用してみて下さい。

無料Web見積もりの「引越し侍」 へ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です