【一人暮らしの引っ越し】同一県内で引っ越しする時の費用の目安

同一県内に引っ越す場合、一人暮らしではどのくらいの費用がかかるのか。また、安くする方法はないのか。

詳細な荷物、距離、建物を設定して相場の目安を表示しています。これから、同一県内の引っ越しが控えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

 

同一県内で掛かる引っ越し費用の目安相場

相場の目安としては2〜4万円。荷物、建物次第で5万円を超えないくらいです。(ただし、クレーン車を使うと跳ね上がる)

さて、次に色々と設定した話で進めて行きましょう。

 

引っ越しの荷物・距離・建物の設定

荷物 個数
シングルベッド
電子レンジ
洗濯機
液晶30型テレビ
冷蔵庫(2ドア)
こたつ
スーツケース
段ボール 15

同一県内ということで、ベッドやソファ。大型家具・家電はありにしてみています。

ただ、これらがあると単身パックは絶対に入りません。

 

距離に関しては80に設定。建物は平均的なアパートの2階建て。

それでは、次でこれらの条件を加味した各引っ越し方法の料金に移ります。

 

では、実際に一人暮らしの引っ越しで掛かる費用の相場とは

引っ越し方法 費用の相場
赤帽 21,000円
各単身パック(大型家具・家電なし時) 18,000円〜25,000円
普通の貸切引っ越し 30,000円〜45,000円

あなたが取れる引っ越しの方法を可能な限り出したのが上の表です。

条件を適用すると強制的に単身パックが抜けますが、条件に当てはまらない人用として明記。

 

赤帽も安いと感じるかもしれませんが、赤帽は地域性により左右されやすいので注意が必要。

場合によっては、単身パックのほうが安上がりだった、ということもあるので気を付けましょう。

 

詳細な費用に関しては荷物、建物、時期に左右されます

しかし、一番下の貸切トラックの最大値として動けば、費用が足らなくなる心配はほぼありません。

それでも不安があるのであれば、不用品を処分するか。または、新居の見直しが必要でしょう。

 

また、荷物が当日に積みきれない。新居に入り切らないこともあります。

その場合はトランクルームという物を借りたりして、一時退避させるのが得策。

 

詳しい話は、すぐ下の記事の下段で触れています。心配な人は読んでおくと業者選定にも役立ちますよ。

【一人暮らしの引っ越し】荷物の量が多い場合と少ない場合で起こること

 

レンタカーで軽トラとかを借りて自分で引っ越しするのはあり?

運転に自信があり、天候に左右されない時期(6月以外)であれば、選択肢の1つとしてあり。

どうして濁った言い方をしているのかというのは、この記事の中で詳しく解説してあります。

【一人暮らしの引っ越し】軽トラに載せられる荷物の量とレンタル費用

 

正直に言うと、レンタカーを借りて節約しても1万円切るか切らないか程度なんですよね。

それなのに、事故を引き起こしたり、天候に左右されたり。

 

このような強烈なデメリットの部分があるため、あまりオススメできないのが正直なところ。

そのことに関しては、上記のリンク先記事で詳しく話しています。

どうしても、自分は自力で引っ越したい。と、あなたが思っているのなら、参考のために読んでおくと役立つでしょう。

 

とにかく、格安にしたいなら段ボール引っ越しが別格

【一人暮らしの引っ越し】ゆうパックで送るより遥かに安くする方法

上記リンク先に、その別格にする裏ワザが載せてあります。

 

同一県内なら3,000円〜3,500円の安さで引っ越し可能。

ただし、その分「段ボールのみにする」という厳しい条件がありますけれどね。

でも、これ以上に安くする方法は、私の経験上見たことありません。

 

同一県内の引っ越しで何か特別な手続きってある?

手続きに関しては通常の引っ越しと同様です。同一市内であれば、転居届だけでした。

ですが、今回の場合は『県内』ということで、県全域を指しています。必ず、転居・転出届けは出しましょう

 

段ボールのみはキツイ・・・だけど引っ越し費用は安くしたい

この場合は、やはり引っ越し業者に見積もりを取ってもらうのが一番。

それ以外にもWebでは無料見積もりを請け負う「引越し侍」を使うといいでしょう。

無料Web見積もりの「引越し侍」 へ

 

ここは対応地域に合う業者を一括で、しかも平均相場価格まで出して一目で比較出来るように出してくれます。

見積もりだけで最大と最小を比べると50%の違いが生まれるほど、見積もりって大きい要素なんですよ。

 

もう少し引っ越し費用を安くしたい、と考えているのであれば試しに利用してみて下さい。

今頼もうとしている引っ越し業者との比較も可能ですので、便利ですよ。

無料Web見積もりの「引越し侍」 へ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です