【一人暮らしの引っ越し】当日の流れと必要なものについて

引っ越し当日のスケジュールと詳しい流れに関するまとめです。私が何度か体験した実例ですので参考になるはず。

意外と盲点なのが新居に着いた時の準備。新居に着いた時に必要なものに関しても載せてあります。

ぜひ、最後まで目を通してみてください。

 

一人暮らしの引っ越し:当日のスケジュールと流れ

  1. 最後の荷造り(洗面用具や貴重品など)
  2. 忘れ物がないか、ポストの中に届け物が無いか確認
  3. 引っ越し業者に載せてもらう荷物の確認
  4. 部屋の掃除(行わなくてもOK)
  5. 公共料金の精算
  6. 大家・管理会社の人に部屋の明け渡し
  7. 新居へ移動&荷物の搬入
  8. ガスの開栓

以上が当日のスケジュールで一連の流れとなっています。やることが多いように感じますが、1つずつ見ていきましょう。

 

1.最後の荷造り

洗面用具(歯ブラシなど)や貴重品を詰める作業。歯ブラシなどは行き掛けにコンビニのゴミ箱に入れてしまうのもあり。

本当はダメですが、コンビニの小さい袋くらいだったら許してくれます。

 

貴重品はこの時にバッグなどに詰め込むようにしましょう。

決して通常の荷物の中に紛れ込ませないように!万が一、紛失したら大変ですからね。

 

2.忘れ物・ポストの中のチェック

部屋に忘れ物をすると、部屋の明け渡し後には管理会社や大家さんに連絡しないと入ることが出来ません。

この時にポストの中のハガキや封書。他には、細かい物を残していないか確認しておきましょう。

後に明け渡し時にも確認できますが、二重チェックしておくことは損ではありません。

 

3.引っ越し業者に載せてもらう荷物の確認と搬入

ベッドやソファ以外にも自転車など外に置いてある物がある人はチェックすべし。

他にも段ボールの中身に関して箱に印がついているか。こういう部分も確認しておくと新居でスムーズに荷解きが可能

 

あとは、割れ物に関しては必ず大きく『割れ物注意!』と明記しておくと良いですよ。

同時に、ここで荷物の搬入を行います。一人暮らし分の荷物なので、特別な指示などは不要。

ただし、壊して欲しくない物や大切な物は事前に伝えておきましょう。荷積みで固定して貰えたりします。

 

4.部屋の掃除

これはやってもやらなくてもOK。最後の掃き掃除って感じですね。

ちなみに、掃除に纏わる話として「どこまでやればいいのか」という疑問があるでしょう。その答えは、コチラの記事に明記しておきました。

【一人暮らしの引っ越し】掃除はどの程度やれば費用0円になるのか

 

5.公共料金の精算

水道・ガス・電気など色々あります。特にガスはここで精算することが多いですね。

コンビニ支払いの人はコンビニ支払いの用紙なども貰えますので、後日でも問題ありません。

他にもクレジットカード払い、直の現金払いなどにも対応。必ず公共料金の利用を止める時は、事前に電話しておくのを忘れずに。

 

6.大家・管理会社の人に部屋の引き渡し

必要なものは印鑑、契約書、鍵。必ず忘れずに手元に残しておいてくださいね。

そして、この時が忘れ物の最後のチェックポイント。忘れ物に後日気付いたら、届けてもらうか取りに行くしかありません。

一緒に部屋の隅々まで見渡してもらいましょう。同時に、この時にクリーニングに関しての説明を受けることがあります。

 

7.新居へ移動&荷物の搬入

移動は公共機関を使う形になります。業者によってはオプションで送迎車を用意してくれることも。

もちろん、有料なので使うか使わないかは、あなた次第。基本は使わないほうが良いです。

 

また、4→6は入れ替えても問題ありません。先に新居で荷降ろしして、後から掃除、精算、引き渡しでもOK

新居が退去元と近い場合は引越し業者を待たせるわけにはいきません。先に荷降ろしをしてから、また戻ってくるのがオススメですね。

 

8.ガスの開栓

新居に来てもらうように依頼していたガス屋さんが来て、保証金や手続きを行いガス栓を開けてもらいましょう。

水道と電気は利用日をメモして、後日の報告でも大丈夫です。

 

おまけ:新居に引っ越した時に忘れがちなインターネットの開通

Wifiとかを使っているのであれば問題ないのですが、私のようにヘビーユーザーだと光回線必須。

繁忙期だと待たされることもありますので、引っ越し前に必ず引っ越し当日の日に合わせて予約しておきましょう。

 

これをやっておかないと数週間ネットが無い、という状況もあり得ます。

インターネットが無いと死ぬっ!というヘビーユーザーならば、忘れずに手続きをしておいてくださいね。

 

新居へ引っ越した時に必要なもの

  • カーテン
  • トイレットペーパー
  • お風呂・洗面用具
  • 照明器具
  • 寝具
  • 延長コード
  • 雑巾やスリッパ

カーテンは早めに設置しておきたい。暗くなってから行うと、外から丸見えになってしまいますからね。

 

雑巾やスリッパが必要な理由は、新居もホコリが床に溜まっているから。意外と汚れるんです。

そのため、少し拭いてから荷解きを開始した方がいいですよ。前日に掃除に行けるなら行くといいかも。

カーペットを敷く場合は、前日に行ける距離なら行くと荷解きが楽になります。

 

照明器具は基本的についているはず・・・なのですが、たまにありません。

引っ越しした時にブレーカーを上げ、電気が付かない場合は真っ先に買いに出かけましょう。

 

半日暗闇の中で過ごすのはけっこう大変ですよ。あとは、載せてありませんが翌日に着る服も出せると便利。

もし、余裕があるなら『新居で必要なものたち』という段ボールを作るといいですね。便利ですよ、作っておくと。

 

引っ越し当日スケジュールの流れと必要なものに関するまとめ

駆け足に近い形でしたが、簡単に分かりやすく流れを説明してみました。必要な箇所はメモしておくなり、スクショで保存して下さい。

特に大事になることとしては、れ物が無いか荷物の積み忘れがないか公共料金の精算をしたか

 

これらが重要ですね。正直、賃貸物件の明け渡しに関しては鍵を郵送で送ってくれ、ということもあるので気にしなくてもOK。

立ち会いが必要と言われた時に立ち会いましょう。

 

引っ越しの見積もりはWebの無料見積もりから行うと、お得な特典もついてくるのでオススメ。

見積もりだけで30〜50%の料金が下がる事例もあります。入力は5分程度で、平均相場・オプションサービス・対応業者を一気に表示。

今の見積もりで不満がある人は「引越し侍」を試しに利用して、安い業者を見つけてみましょう!

無料Web見積もりの「引越し侍」 へ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です