ミニマリストの部屋の思想を家族に押し付けちゃダメでしょ?

さて、たまたまネットを巡回していて、テレビでミニマリストの家族が特集されていたのを見つけたんですよね。

そこで、思ったのが部屋をスッキリさせて気持ちいいのはわかるけれども、子供にもその生活を強要させていいのかな、ということ。

皆さんはどう思いますか?

Sponsored Link

ミニマリストの部屋というのは

基本的に物が少ない、または無い。

他人から見たら、面白みのない部屋で殺風景な場所だと思います。

つまり、ぶっちゃけた話をすれば本人は楽しい、満足をするでしょうが、他人が満足するとは思えないんですよね。

考えてみてください。

 

友達の家に行って、楽しい部屋な場合と楽しくない場合の部屋っていうのが、絶対あると思うんですよ。

私の部屋に来たら、きっと普通の人、最近知り合った人は確実になんだこれ。

つまらねー部屋だな、と心のどこかで絶対に思っていると思うんですよね。

ミニマリスト・断捨離を目指すべき人へ一冊だけオススメしたい本

テレビでやっていた断捨離・ミニマリストの家族

勉強机、車といったものを奥さんの趣味で処分。

流れはわかりませんが、通勤に倍の時間が掛かる。

それって本末転倒じゃありませんか?

 

都心部であれば、電車・バスなどの交通網が発達しているので、問題はないでしょう。

事実、私は川崎に住んでいた頃に車はいらない。

そう感じていましたからね。

 

ですが、住む場所次第では「車」は必須です。

加えて、ネットで見た画像だけですけれど、床でPCを弄っていたんですよ、お父さんがね。

姿勢も悪いし、いつか身体中が痛い、痛い、と言う未来が私の中では見えていました。

 

正直に言えば、子供の旦那さんも奥さんのつまらない趣味、思考に付き合わされて可哀想だな、と思いましたね。

実家に住んでいた時に、私の部屋を見ていた家族の反応

子供から言われた強烈な一言

この言葉を読んで、どう思いますか?

この子供の年齢が何歳かはわかりません。

ですが、子供にとって「おもちゃ」がいかに大事か。

 

それ以外にも、子供は大人では考えられないような物が大切な宝物だったりするんですよ。

思い返してみて欲しいし、私もゲーム機を隠された時。

家中をひっくり返して、怒られようが何しようが延々探しまわった思い出は、今でも忘れていません。

 

だから、この子供が言ったことは断捨離やミニマリストを押し付けてくる人間への、強烈なカウンターの一言だと思います。

おもちゃは「親」にとって邪魔なものであり、「子供」にとってはとても大事な物なんですよ。

例え、それが後年要らなくなるもの、子供自ら手放してしまうものだとしても、ね。

おもちゃを子ども自身が手放したのなら、その行為は子供が成長をしている、という証でもあるのですから。

Sponsored Link

ミニマリストの本分を思い出してみよう

ミニマリストの本分を思い出してみると、最小限で自分にとって大切なもの、必要なもの以外は捨てる。

つまり、それは自分の「主観」でしかないんです。

やるのは勝手、だが人に押し付けるのはダメ。

 

あくまでも、断捨離やミニマリストは一個人が勝手にやる、ある種の「自己満足」だと思っています。

その自分がやって満足する思想・思考を全く興味の無い人に対して強要をすれば、どうなるか。

上でツーイトを貼り付けた例の様に強烈なカウンター、または嫌味、喧嘩・・・・こういった負の側面とぶち当たらなきゃならないでしょう。

 

夫婦であれば、最悪離婚まで見えます。

私は、上記のテレビで出た夫婦の旦那さんがよく我慢しているな、と感じてしまいましたから。

ミニマリストが「意識高い系」とネットでバカにされる理由

スマホやPCを手放せない理由は「デジタル化」にあった

まとめ

まぁまぁ、私もミニマリスト、いや軽い自称で名乗っている程度ですから、拗らせた本物の人たちから見たら「はんっ」と鼻で笑われてしまうかもしれませんね。

始め方はリスト作りから!今すぐ簡単に実行できるよ!

ミニマリストにとって必需品ばかりの持ち物をリスト化してみたよ!

 

私は、元々あんまり物を持ちたくないな、と思うことが多々あったことは認めますけれど。

物を持たない事を人に対して楽だよ~、と言えども、「やりなよ!」と強要したことは無いです。

あくまでも、自分が今行っている糖質制限も同様に、自分の体の調子が前より良いから行っているだけで、やりなよ、とは言いません。

 

家族を持っている人がやれば、確実に食費、エンゲル係数がバカにならないレベルで急激に高騰しますから。

結婚する時に「価値観が似ている」というのをよく耳にすることがあると思います。

ですが、その価値観が全部が全部重なるか。

その答えは、重ならないのが当たり前。

 

ゲームのキャッチコピーを使えば「極めて近く、限りなく遠い世界に」みたいな感じで表せると思います。

ごめん、ちょっと言いたかっただけ。

まとめると、何が言いたいかというと、「押し付ける思想」ほど、気持ち悪いものは無い。

という感じでまとめておきましょう。

 

断捨離とか意識してやるくらいなら、私はやらない方が幸せだと思います。

自分の身の丈にあった事をコツコツと積み重ねるのが、一番今を幸せに生きれる方法の1つである。

私は、そう考えています。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です