一人暮らしの人が引越しをする頻度とは?年代別に見る6つのきっかけ

20151026-04

一人暮らしの人が引越しを決意する。

その頻度ってどのくらいが目安なんだろう。

意外と、人の引越しの頻度って気になりますよね。

そこで、比較的一人で住んでいるであろう年代を中心に細かくまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

Sponsored Link

一人暮らしの人が引越しをする頻度

頻度としては、4年~6年に1回。

この辺りが、一般的な平均ラインかと。

お金に余裕があれば、引越しをしたい。

 

そう考えているのであれば、2年に1回を目安として考えている人が多いのが現実です。

しかし、あくまでもそれは理想で、実際はその人の経済状況、人間関係、会社の転勤なども含まえるため、上下動が激しいのが真実ですね。

私の場合であれば、18歳で進学のため、進学後に就職で別の場所へ引越して、再度引越したので、一人暮らしを始めてからは2回した計算。

 

内訳は、4年目7年目の2回でした。

もし、一人暮らしをしている方で、引越しを考えている人は、こちらのタイミングについても参考になると思います。

一人暮らしの引越しタイミング!狙うべき時期っていつなの?

さて、話は変わりまして次からは年代ごとに一人暮らしの人が引越しをする理由について見ていきましょう。

10代後半~20代前半

いっちばん一人暮らしをし始める。

もしくは、家を飛び出して行きたい。

大学の進学で一人暮らしをする、という年代。

 

ここの年代だと、引越しをする場合は大体が家賃の支払い、または実家へ帰る

もしくは、彼女・彼氏と同棲を始めるという理由で引越しをするのが一般的ですね。

極稀なケースですが、同性でのルームシェアなどもここに入ってきます。

 

私の友達は男2人で2LDKの部屋を借りていました。

だけど、片方が留年したために、実家に戻るのと、また別の場所に引越す。

そういった経験をした友だちがいましたね。

多くの方の場合は、4年間同じ場所に住んで、新社会人になる時に新居へ引越すのが1回目、という人が多い年代です。

引越しで気になる費用!一人暮らしを始める時に掛かる総額とは

大学生の引っ越し費用を最も安く抑えるたった1つの簡単な方法!

社会人(20代前半~20代後半)

ここも、ほぼ10代後半から変わりません。

ただ、最初に引越した先が気に食わない

そんな人はものの1ヶ月程度で引越しします。

 

年を重ねて社宅を出て行ったり住宅手当が多く出されることになると、ワンランク上の場所に住む人がいたりしますね。

大体、ここで2回目か3回目。

多い人だと4回目の引越しをこの年代で経験することになります。

新入社員でも一人暮らしをしたい!時期はいつ頃が狙い時?

社会人(20代後半~30代半ば)

この年代になると、一人暮らしの終わり。

彼女・彼氏と同棲を始めるた、結婚して家族が出来たことで一人暮らしを終える準備に入る年代です。

例えば、結婚するからマンションを買う。

 

または、この年代でお金を持つ人の多くは、セミリタイア生活を考え始めるので、お金も多く持っている人が多い。

そのため、20代の時でもあったようなワンランク、ツーランク以上の生活のために部屋を借りたりもするでしょう。

私生活だけでなく、収入面を含めて多くの人がここで分岐をし始める年代なのが特徴。

一人暮らしで最も重要な間取りについて!皆が住む平均的な部屋とは

社会人(30代後半~)

一人暮らしを続ける30代後半となると、ほぼ今住んでいる場所から動くことは稀。

特に、男性にもなると長い人は10年

下手をすると15年も住み続ける猛者まで。

 

これは転勤も無いような会社に勤めている人でよく見られがちなパターンの1つですね。

この年代以降(50~60歳)特に定年後の方は、一人暮らしとなると金銭面の話で仕方なく引越しせざる得ない。

こういった面も見えてくるのが少し悲しくもなる部分です。

Sponsored Link

各年代が引越しをするきっかけのまとめ

  • 進学後に就職で社宅などへ入る時
  • 彼女・彼氏、友達との同棲を始める
  • 住んでいた家の築年数が古くなってきた
  • 勤めていた会社の転勤などによる事情
  • 結婚をすることになって
  • 年を重ねた後の金銭問題

というような大きく分けて6つのきっかけが主に一人暮らしをする人が引越しを決めるパターン。

細かい部分を見ていけば、キリが有りませんが大枠はこのようになっていると思われます。

 

もちろん、住んで2ヶ月もせず気に入らない。

住んでみたら居心地が悪く感じてしまった。

騒音が酷い、というような理由で引越す人も沢山いるので、上記の例は参考程度でしょう。

 

家で見かける素早くて黒い生き物が出ただけで、引越しを決意する人だっているくらいですからね。

引越しの理由は、何でも良いんですよ、実は。

一人暮らしの部屋探しはいつから?季節別に詳しく解説してみた

都内で一人暮らしをする人の引越し!相場より安くしたい時にやること

記事全体のまとめ

  • 引越しの頻度の理想は2年に1回
  • 実情は4~8年に1回程度が引越しの頻度
  • 引越しのきっかけは大枠で6つほどあり、年代で異なる

これが今回のまとめとなります。

お金に余裕が有るのであれば、住んでみて気に入らなければすぐに引越してしまう。

こういったことも出来ますが、なるべくなら頻度は少ない方がいいでしょう。

 

お金も飛んで行くし、準備もメンドクサイ。

転居届やその他の書類の手続きもありますから。もし、この記事を見て引越しを考えているならば、手続き関連も含めて引越しするメリットが有るか。

そういった事も考えて引越しをしてくださいね。

そして、引越しを多くしたから、ということで何か社会的に不利な条件が産まれるようなことも

ありませんので、安心して下さい。

 

引越しをしたければする。

したくないならばしない。

たった、これだけの簡単なことですからね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です