引越し時の二箇所積みについて!見積もりや作業の依頼ってできるの?

例えば、同棲の時。

彼・彼女の家に途中で寄って行って欲しいことってあると思います。

他にも、通常の引越しに加えて何かを保管している倉庫に寄って欲しい。

そういった要望に、引越し業者は応じてくれるのでしょうか。

Sponsored Link

この二箇所積みの見積もりと仕事は依頼できるの?

もちろん、可能です。

その時は、見積もりを受ける前に「こことは別の場所もあります」と一言添えましょう。

これだけで、業者側は俄然やる気を出してくれます。

トラックの利用台数はどうなるの?

20160222-01

旧居1→旧居2→新居というパターンと旧居1→新居と旧居2→新居という合流のパターンの計2つがあります。

前者はトラック1台のみ、後者は2台必要。

当たり前ですが、トラックの台数が多くなればなるほど料金は高くなります

 

2台使う場合は、主に旧居1と旧居2の距離が離れすぎているか、両方の荷物量が多い時。

しかし、2台のメリットは料金よりも引越しに掛かる時間を節約できることです。

料金を取るか、当日の荷解きの時間などへ余裕を残しておきたいか。

 

この辺りを天秤に掛けて選択をしてください。

ただし、距離の関係、荷物量次第で確実に2台になることもある事も忘れないようにしておいてください。

引越し時の二箇所積みで気を付けておきたいこと

気をつけておきたいこととしては、業者側にルートを正確に把握させる必要があること。

希望する場合は、先ほど述べたようにトラックが2台必要な場面も出てくること。

そのため、ギリギリで言われてしまうと、業者側がトラックを抑える部分で苦慮させてしまうことに注意。

抑えるのが困難な場合は、少々高めの料金を払わざる得ないことにもなりかねないからです。

二箇所積みを1台のトラックで行う時の注意点

これは、積む場所その1と積む場所その2のルートと、周辺の状況を業者に把握させないといけないこと。

積む場所その1は広い住宅街で、トラックが止まっていても問題ない場所であったとします。

しかし、積む場所その2はトラックが入ると通行できないほど狭い場所。

 

その場合は、近隣の有料駐車スペースまで行って、トラックを止めて手作業でトラックまで積み荷をしなければいけません。

この時に、その分だけの料金も加算されるので、必ず見積もりの際に周辺の下見と合わせてルート把握させておきましょう。

当日、何も知らないできた業者から追加料金を取られる可能性は、利用者側からすれば絶対に避けたいものですからね。

Sponsored Link

二箇所積みの見積もりと引越しの依頼ができる業者の探し方

そこで利用をしたいのがネットを使った一括見積もりサービスを行なっているサイト。

そのサイトの名前は、「引越し価格ガイド」という企業サイトです。

引越し価格ガイド公式サイト

このサイトを利用するメリット

引越し時期・荷物量を入力することで、過去のデータからあなたと合致した物を照合し、平均相場を可視化。

あなたが依頼したデータを元に、提携している全国200社以上の引越し見積もり業者から自動で10社を選定。

選定後に、入力データから見積もりの概算をはじき出し、あなたの元へ送ってきてくれます。

あなたは、送られてきたデータから安さ、サービス、口コミといったものを見比べて引越しを頼むだけとなります。

選ばれた業者が知らない業者だった

その場合は、引越し価格ガイドの公式サイトから過去に利用した人の口コミを確認できます。

あなたが選ぼうとした引越し業者を利用した人の声を知りたい場合は、必ず役に立ちます。

もし、選ばれた業者が気に入らなかったら

この場合は、全ての業者に対して「依頼はしない」という選択肢も取れます。

もしかして、料金とか請求されるのでは?

このような不安を上の文章を読んで持ったのではないでしょうか?

 

実は、引越しの見積もり自体は無料で行われるのです。

そして、引越しのキャンセル料というのは、当日と前日の2日間しか料金を取られません。

ですから、安心して申し込みをしてください。

入力後にフィッシングサイトのように、料金を○月○日の△△まで~というやり取りも一切ありません。

料金が最大で50%もダウンすることも

業者により、引越しの見積もりというのはバラつきが生まれます。

相見積もりをしてください、と沢山の人がいうのもこの点があるからなんです。

この相見積もりも先ほどのサイトで行うと、最大50%も安くなることも

それだけではなく、頼みたい業者に対して○○さんのところでは・・・と交渉の材料にすることもできます。

入力内容に関して

今回の場合は、入力フォームを進んでいくと「詳細欄」という場所があります。

そこに、「二箇所積みをしたい。住所は○○県△△市~~」というように記入してください。

荷物量に関しても、合計の合算で大丈夫です。

入力後には2つのプレゼント

1つは引越し業者の選び方と安くするコツをまとめたガイドブック。

もう1つは最大10万円の抽選型キャッシュバックキャンペーンの2つ。

利用者数も2015年の11月で1890万件を突破。

 

利用者の声も掲載されているため、悪い業者を選ぶ心配もありません。

一括無料見積もりですので、何かあっても料金が請求される心配は一切不要。

二箇所積みの引越しは、手間と時間が掛かるものです。

まだ、どこの業者に依頼しようか迷っているのであれば、まずはネットを使った見積もりだけでも依頼してみてはいかがでしょうか?

引越し価格ガイド公式サイト

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です