単身の引越しを格安にしたい!近距離の時に選ぶべき業者とは

単身の引越しが決まり、新居まで近距離(50km以内)であった時。

この場合に、どういった業者に頼めば引越し料金は安くなるのだろうか。

また、手軽に依頼出来る方法はどのような手法があるのか、という事をまとめました。

Sponsored Link

単身の近距離引越しには、どんな業者を選べばいいの?

主に、大手・中小・零細(赤帽)とあります。

この中から、料金順に並べると「零細(赤帽)→中小→大手」と右に行くほど料金は高くなります。

料金に関してのバラつき理由は、こちらの記事で理由を詳細に載せてありますので、事前に読んでおくと相場の大体の予測が付きます。

引越し距離10km以内の平均相場!最も安くなる業者を探す方法とは

 

格安に抑えたいというだけであれば零細(赤帽)から当たるのがベター。

近距離、今回で言えば50km程度を近距離と仮定しましたが、この距離であれば20,000円も掛かりません。

それに引越し時に一緒に軽トラに乗っけていってもらうことも出来ます。

(もちろん初対面の人と乗るのは気乗りしない人は、利用しなくても問題なし)

 

反面、あなたが引越しまでに自分で荷造りを完了させ、軽トラに積み込む作業も一緒に手伝わなければいけないこと。

通常の引越し業者に頼んだ場合は、家具の持ち運び時に養生というキズ・凹みの防止をしっかりと行います。

赤帽の場合は、事業主の人の性格が反映されるため、養生が甘い方もいる時があること。

万が一、養生が甘い場所にぶつけて、凹みやキズが発生したら退去時の敷金から取られてしまう可能性が出てきます。

引越し料金の格安な部分を取るか、このデメリットで避けるかはあなた次第です。

中小・大手引越し業者の場合

20160212-01

中小業者の場合は、地域密着型の業者を選ぶのが一番。

例えば、ネットの検索で「○○市 引越し業者」というようなキーワードで探す形です。

多くは、県・地方に根付いた引越し業者が検索結果に出てきます。

そこから、引越しを依頼したい業者へ連絡を取って、見積もりを依頼しましょう。

 

大手引越し業者の場合は、取り扱っている有料サービスを土台に考えて、単身パックを利用するのが前提となります。

今回のように近距離引越しであれば、単身パックの料金は16,000~30,000円の範囲内に抑えられます。

有料サービス類を利用しない前提で平均相場を出すと、22,000円前後が料金相場。

 

先程から話に出ている有料サービスの内容についてお話します。

単身パックの有料サービス内容は、通常の引越し依頼時に選べる有料サービスとほぼ変わりません。

選べないのは、公共料金の一括手続きなどを依頼することくらい。

 

単身パックだろうが、荷造りサービスや家具・洗濯機の配置などは有料ですが選べます。

時間が無い、と嘆きがちな社会人の方は、単身パックを利用するのが一番賢い方法です。

Sponsored Link

とはいえ、業者をいちいち探すのは非常に手間が掛かる

自分自身で荷造りを行う事以上に頭を悩ませるのが業者の選定です。

そこで、その悩みを解消させる方法が1つあります。

それは、ネットで行われる無料一括見積もりサービスを利用すること。

一括無料見積もりができるサイトの名前は「引越し価格ガイド」という業者です。

引越し価格ガイド公式サイト

一体、何をここはしてくれるのか?

端的に言うと、提携している全国200社以上の引越し業者から、あなたの条件に合った業者を最大で10社選定してくれます。

あなたは、選定された業者からまとめられた見積もり料金を元に、サービス・口コミ・安さといった3つの要素から選ぶだけ。

この時の見積もり料金の差は最大で50%の開きがあります。

もし、選ばれた業者に不安を感じたら

最大で10社選ばれるわけなので、中には見たことも聞いたこともない業者の名前が混じっていることがあります。

今回で言えば、近距離(50km)という条件も入っているため、最大限まで選ばれた場合は確実です。

その時に、利用していきたいのが「口コミ・評判」という要素。

 

引越し価格ガイドでは、利用者の生の声をサイトに掲載しています。

もし、あなたが利用に不安を感じるような業者が選ばれた場合は、即座に口コミから判断しましょう。

そこでの口コミが芳しくないようならば、利用は控えればいいだけです。

 

また、全ての業者を利用したくない、という場合も出てくると思います。

選ばれた業者全てに不満があった、使いたいと思ったが料金が・・・・と様々な条件が混じってです。

この時は、どの業者であろうと、一切利用しなくでいいです。

 

引越しというのは、業者が引越しの依頼を遂行した時、当日・前日のキャンセル料金。

上記の2つの条件時のみ料金が発生する仕組みなので、断ったことで料金請求が来ることはありません

(ただし、事前に引越しの資材をもらっていた場合は、返送料や使用料金を取られることもあります。)

利用者のみに付いてくる特典もある

大手引越し業者を筆頭にダンボールなどの無料提供。

引越価格ガイド利用者には、引越し業者の選び方と安くするコツ。

最大10万円が返ってくる抽選型のキャッシュバックキャンペーン。

これらの特典が付きます。

 

引越し価格ガイドの入力に関しては、入力の早い人で1分、遅くとも3分半で終わります。

引越しが決まっていて、利用したい業者がまだ見つかっていない。

もっと、安く済ませられて、サービスのいい業者がどこかに無いか。

そういったことを考えているのであれば、引越し価格ガイドを利用して探してみてはいかがでしょうか?

引越し価格ガイド公式サイト

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です