引っ越しでダンボールが足りない!私が追加でもらった後に待っていた悲惨な現実とは

引っ越しの最中にダンボールが足りないとなると、かなり焦ります。慌てて買いに走ったり、もらえるか電話してみたり。実際に私はもらえるか、という電話をしました。

さて、問題は追加でダンボールはもらえるのか。そして、もらえたとしても料金はかかるのか。その答えは、私のこの体験談の中で載せてあります。

引っ越しを決めて見積もりの人を彼氏のように出迎える

当時、私は引っ越しに関して全てが初めてでした。そのため、色々とネットで調べて引っ越し業者の手配から、迎え方までシミュレート。初めてくる彼氏を迎え入れるくらい緊張していました。

実際、そんな緊張は意味も無く、引っ越し業者の営業マンさんを迎え入れます。家の中の家具や雑貨を見てもらい、大体の見積もりを見てもらいました。

 

引っ越し業者はその場で即決してダンボールをもらった

引っ越し業者の価格に不満はなく、私は即決即断で申し込み。ダンボールを後日送るという営業マンを差し置いて、二度手間も悪いと思いダンボールをもらいたいと思いました。

とはいえ、私は引っ越し初心者。ダンボールの総数などわかるわけもありません。ちょうどプロが隣にいるのですから、プロに数を見積もってもらうことにしたのです。

 

一通り我が家を見た引っ越し業者の営業マンがダンボールの数を下してくれた

「このくらいで十分でしょう」という声を元に、引っ越し業者の営業マンさんは必要数のダンボールを渡してくれます。私としてはこんなに必要かな、と少し感じていたのが本音です。

でも、プロの言うことだから大丈夫だろう、と考えていました。それに、足りなければ連絡をくれたら差し上げます。というようにも言ってくれたんですよね。

だから、そのまま私はすんなりと受け入れることにしたのでした。

 

私の油断が前日にダンボールが足らないという悲劇を起こす

待ってました!と言わんばかりの悲劇です。実は、引っ越し業者の営業マンさんが見落としていた部分があったのでした。それは収納スペース。1つだけ、たった1つだけ私の部屋の収納スペースを見落としたのです。

そのせいでダンボールが明らかに足りなくなってしまいました。これが、前々日なら、まだ余裕を持っていたと思います。でも、当時は引っ越し前日に足らないと気付いたのです。

私は、もうパニックになりそうでした。幸い、引っ越し業者さんとは連絡がすぐに付き、ダンボールを持ってきてもらえることになりました。

 

引っ越し業者さんから余分にダンボールをもらったが・・・

念には念を入れてという言葉があるように、ダンボールを余裕が出るくらいもらいました。ただ、余分にもらった分は結局使わなかったんですよね。

使わないだけなら良かったのですが、無料分をオーバーする量をもらってしまっていたのが痛かった。実は、引っ越し業者さんからもらえるダンボールは上限があるんです。

 

でも、私は無料でもらえるダンボールの上限を振り切ってしまっていたのです。そのため、心配して余分にもらったダンボールは追加料金を支払うことに。

こうして、前日に慌ててやった荷造りは無事終わります。でも、ここで1つの違和感を感じます。部屋の隅に残っている平らな茶色紙製の入れ物たちです。

実は、追加料金まで払ってもらったダンボールは使わなかったんです・・・。ホント、何をやっているんでしょうね、私。今、改めて考えると凄くもったいない気がしてなりません。

 

足らない場合に備えて引っ越し業者にはダンボールを最大限もらっておくべし!

私が過去の私に引っ越しのアドバイスをするとしたら、ダンボールは最初に最大限もらいましょう。というように言いますね。そもそも、私が前日に慌ててやっている時点でダメダメですが。

慌てるとお金に関して、かなりルーズになってしまいます。必ず余裕をもって行動するように心がけて下さい。それに、今思えばスーパーやコンビニでもらえたなぁ・・・とも思います。

こういう人になるので、あなたも気を付けてくださいね。

 

まだ引っ越しをする前の段階であれば、こちらから引っ越しの無料見積もり&相場比較ができます。地域に合わせて自動マッチングしてくれるシステムです。ぜひ、一度利用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です