引越しの特別条件「二箇所積み」の費用相場!見積もりは1社のみの1発勝負!?

彼氏・彼女の部屋に、一度預けたトランクルームの荷物を回収に。引越しの中で特別な事になる二箇所積み。一体、費用の相場はいくらになるのか。

また、見積もりは引越し業者に何社取ってもらえば良いのか。料金シミュレートと共に一例を提示してみました。

引越し二箇所積みで必要になる費用

距離×スタッフ(トラック数)×荷物量×立地

この公式が崩れることはありません。距離と立地によりますが、近距離なら50,000円前後が相場です。

 

二箇所積みに関してのシミュレートのための条件設定

Aと仮定する人の条件

  • 退去元1:千葉県千葉市中央区
  • 転居先:東京都杉並区高円寺
  • 距離:60.7km(GoogleMap使用・A+Bの合計値)
  • 荷物量:1Rの1人暮らし分
  • 退去元の立地:アパート2階

Bと仮定する人の条件

  • 退去元2: 千葉県千葉市美浜区
  • 転居先:Aと同じ
  • 距離:60.7km(GoogleMap使用・A+Bの合計値)
  • 荷物量:1Rの1人暮らし分(荷物多め)
  • 退去元の立地:マンション3階

お互いの引越し先であるCの条件

  • 住所:
  • 立地条件:マンション4階(エレベーターあり)

 

実際に二箇所積みする時の条件で金額をシミュレートしてみよう!

  • A:退去元1
  • B:退去元2
  • C:転居先

このように仮定し、金額を抑えるトラック1台の条件で金額をシミュレートしてみましょう。

A→B→Cと行くパターンの料金相場

「二箇所積みに関してのシミュレートのための条件設定」の条件通りなら、50,000円~70,000円に収まる形になります。(マンションから降ろし入れを考えて)

このパターンは立ち寄る形のため、走行距離は少ないのが特徴。そのため料金も安めに出やすいタイプ。場合によっては、トラック1台でも引越し可能です。

 

A→C→B→Cと行くパターンの料金相場

今回の「二箇所積みに関してのシミュレートのための条件設定」ではA→B→Cパターンでした。でも、このような目的地を1回通り過ぎるパターンもあるでしょう。

この時は、引っ越し料金が高くなります。走行距離が伸びるからですね。相場はA→B→Cパターンより、+8,000円~15,000円ほど高くなります。

 

トラックを1台にケチると最悪の場合、さらに荷物が積めず往復して追加料金が発生する場合もあります。(見積もりをきちんと取ればこちらの責任は回避可能)

こちらのパターンの場合は、トラック2台にスタッフを1人くらい増員も考えましょう。

 

 

二箇所積みの難点は相見積もりが難しいこと

ここが二箇所積みの難点。相見積もりによる料金比較が難しいのです。ほぼ1発勝負と考えるべきです。そのため、いくつかの割引を賢く使って下さい。

クレカ払いクレカのグループキャンペーン学割(シニア割)平日繁忙期を避ける。これらの仕組みを上手く使えば基本料金の値下げに繋がります。

 

他にも大型家具、家電は新居で買い換える。これなら、家具・家電専門店で事情を話せば、引越し業者や不用品業者より安く回収してくれます。ただし、新規商品の購入もする条件が付きますけどね。

なので、中規模~大手の引越し業者をいくつかピックアップしておくべきでしょう。その中で、無料サービスに不用品処分があるなどで、決めるのが良いですね。

 

では、別々の引越し業者を使って引越しすべきか?

こちらはあまりオススメできません。理由は時間をお互いにズラす必要があるからです。もし、同居ではなくトランクルームに立ち寄るなら、別々の引越し業者なんて雇いませんよね。

別々の引越し業者を使うくらいであれば、どちらかの家具・家電を捨てしまいましょう。あとは、ダンボールに詰め込んで宅急便やヤマト便を使って新居に送るのが安上がり。

 

実はダンボールのみの引越しは1万円、下手をすれば5,000円を割ります。ぜひ、利用してみて下さい。

ゆうパックを使った引っ越し術!ダンボール10箱分の料金シミュレートと安くする裏ワザ

2017.12.22

引っ越しをダンボールのみで安く行う秘訣!ヤマト便が明暗を分けるって知ってた?

2017.12.22

 

二箇所積みする引越しに関するまとめ

距離が近くて、二箇所積みが目的地を通り過ぎず、立ち寄れるのであれば相場は安く済む。通り過ぎたり、別々で積んでもらって集合という形は高くなる。

このように覚えておけば問題ありません。

 

引越し相場に関して詳しく知りたい場合は、コチラの引っ越し侍を利用してみてはいかがでしょうか?引越し相場の平均、最大10社の見積もりを一括で取れます。

引越しは見積もりから始まっていて、早く決めるとこっそりとした割引も受けられます。とりあえず、という形でもいいので利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です